越後亜鉛工業株式会社
サイトマップ 新潟亜鉛工業株式会社TOPページ お問い合わせ
会社案内 溶融亜鉛めっきとは? 主な設備 施工実績一覧 グループ企業 お問い合わせ
溶融亜鉛めっきとは?
溶融亜鉛めっきとは? 加工工程 経済性
 
鉄鋼製品に溶融亜鉛めっきを施すためには、まず前処理が必要です。
脱脂処理 鉄鋼製品に付着した油脂や塗料を除去するため、苛性ソーダ水溶液に浸し、すぐに水洗いします。
酸洗処理 鉄の錆やスケールを除去するため、薄い塩酸水溶液に酸洗抑制剤を添加した槽に浸し、水洗いします。
フラックス処理 酸洗後の酸化防止と、鉄と亜鉛の合金反応を促進するため、塩化亜鉛アンモンの水溶液(フラックス)に浸し、素材の表面に皮膜を形成させます。
いよいよ“めっき”の工程です。鋼材の材質や形状によって最も適合するめっき条件を選び、高熱で溶融した亜鉛液に浸します。

冷却槽に浸し、適度に温度を下げてからJIS規格に規定されている検査を行います。めっきに際して添付した試験切片を使います。
仕上げ 外観品質基準により表面の仕上げをして完成です
溶融亜鉛めっきを生かす製品の設計━━━━当社の技術を最良の状態でご利用いただくために

〔1〕 寸法・重量には制限があります。
設計段階でお知らせ下さい。処理可能な製品のサイズを知っていただくことで、オーバーサイズのものがある場合、2度浸けするよりも、解体して部分ごとにめっきするほうが安く、美しく仕上がります。

〔2〕 使用鋼の材質は事前に連絡下さい。
鉄と亜鉛の合金反応でめっき層が形成されるので材質によってめっきの厚さや外観が変化します。良質のめっき仕上げをするために脱酸法の区別をお知らせ下さい。銅、錫、鉛、ハンダなどの部品は、めっき槽のなかで溶出したり変化がおきたりする可能性がありますので、なるべく取り外し出来るようにお願いします。

〔3〕 異種素材の組み合わせは避けて下さい。
素地の種類、表面の状態によって、酸洗時間が著しくかわります。どうしても避けられない場合は、ブラスト法による前処理が必要になります。

〔4〕 特別仕様にはあらかじめご指定を。
特に指定がないときは、JISH8641のHDZ40でめっきを行います。その他の規格をご希望の場合、ご注文のときにご指定下さい。

〔5〕 密封、空洞のパイプには空気穴を。
密封した部分があると、閉じ込められた空気が高熱のため膨張して爆発する危険があります。構造物の両端に、空気の逃げる穴と、亜鉛が出入りする穴を設けておいて下さい。穴の直径は10mm程度です。

〔6〕 複雑な形状のものにも空気穴を。
めっき素材の形状は溶融亜鉛槽に浸されたとき発生するフラックスの分解ガスや、水蒸気が閉じ込められることなく逃げる状態にあることが条件です。まためっき浴槽から引き上げるときに亜鉛が溜まって流れ落ちないような形状は不適当です。そんな可能性のある場所には、あらかじめ空気穴をあけておく必要があります。

〔7〕 溶接部分のスラグは充分除去して下さい。
溶接スラグは通常の酸洗では洗い落とすことが困難で、めっきの外観異常の原因になります。十分に除去しておいて下さい。図のように、溶接時のアンダーカットや、溶接部分のクラック・ピンホールなどは、不めっきや、酸のしみだしによる腐食の原因となります。また塗料なども脱脂作業で完全に除去できない場合があるので、なるべく水溶性のものをご使用下さい。

〔8〕 接触面は全面溶接をして下さい。
接触面の油やグリースは組み立て前に完全に除去されていないと、めっき溶槽に浸漬したときに、熱によって揮発し、発生するガスのため、その部分に亜鉛が浸透しないまま残されます。その結果、使用中にそこから錆が発生する原因になります。したがって接触面の周囲は、油を除去すると同時に、接触して封じ、その際、空洞が出来ないようにお願いします。